「アンブレラ・アカデミー 」シーズン2-7話(Netflix)の あらすじ・ネタバレと感想。原作シェラルド・ウェイ

3.5
Netflix

2019年に公開されたNetflixオリジナルドラマ、アンブレラ・アカデミー。「特殊能力」というキーワードとポップなビジュアルに惹かれて、シーズン1から視聴しました。

今回は2020年7月に公開されたシーズン2の第7話「目には目を」をご紹介します。

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2-7話「目には目を」あらすじ

5号が再度タイムトラベルをして1963年の世界崩壊10日前からやり直しをしています。兄妹たちは父と会うことはできましたが、世界崩壊を防ぐ手がかりを得ることはできませんでした。しかしその日は迫ってきます。5号が次に取る行動とは…。

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2 製作

2020年配信/アメリカ/1話約50分、全10話
配信:Netflix

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2 の原作・登場人物

原作のジェラルド ウェイって誰?マイ・ケミカル・ロマンスとは?

本作品の原作は、同名のコミックシリーズ『The Umbrella Academy』で、原作者はマイ・ケミカル・ロマンスというバンドのヴォーカル、ジェラルド・ウェイです。

2020年3月に大阪公演を予定していましたが、コロナウィルス感染拡大予防のため中止となっています。

私はマイ・ケミカル・ロマンスの存在は知りませんでしたが、過去に氷室京介とのコラボ、Mステ出演、日本公演も実施していたので、ファンの方も多そうです。原作を知らなくても十分楽しめると思います。

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2のキャスト

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Umbrella Academy(@umbrellaacad)がシェアした投稿

レジナルド・ハーグリーヴス卿:コルム・フィオール
1号(ルーサー):トム・ホッパー
2号(ディエゴ):デイビッド・カスタニェーダ
3号(アリソン):エミー・レイヴァー・ランプマン
4号(クラウス):ロバート・シーハン
5号(–):エイダン・ギャラガー
6号(ベン):ジャスティン・H・ミン
7号(ヴァーニャ):エレン・ペイジ

「アンブレラ・アカデミー」登場人物のおさらい

1号(ルーサー):体が大きく、怪力。父の命令で月で何かの任務をおこなっている。唯一、父を慕っている様子。
2号(ディエゴ):ナイフ投げの達人。ひとりで自警団のような活動をしている。父のことは憎んでいるが、母のことは慕っている様子。
3号(アリソン):発した言葉を現実化することができる。女優として活躍中。
4号(クラウス):死者と対話できる。(シラフの時のみ)6号・ベンは常に傍にいる様子。
能力を抑えるためにドラッグを常用している。暴力的なことは苦手そう。
5号(–):瞬間移動、タイムトラベルができる。13才の時に行方不明となった。
6号(ベン):体からタコの足のようなものを出せる? 故人のため詳細不明。
7号(ヴァーニャ):能力なし、バイオリン奏者。兄姉の暴露本を発表し孤立。
母:母親代わりに造られたアンドロイド。(シーズン1で死亡)
ポゴ:執事。チンパンジー。(シーズン1で死亡)
ライラ:2号・ディエゴが収容されている精神病院の入院患者。

「アンブレラ・アカデミー」前回(シーズン2-6話)のあらすじ

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2-6話のあらすじを復習したい方はこちらへ。

「アンブレラ・アカデミー 」シーズン2-6話(Netflix)の あらすじ・ネタバレと感想。原作シェラルド・ウェイ
2019年に公開されたNetflixオリジナルドラマ、アンブレラ・アカデミー。「...

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2-7話(Netflix)のネタバレ・考察・感想・レビュー

取引成立

1982年とあるホテルで秘密裏に組織の会合が行われていました。そこへ現れた5号。ホテルの消防斧を手に会合場所へと乗り込み、あっという間に全員を殺してしまいました。すぐにハンドラーの元へ証拠を持っていき引き換えにタイムトラベルができるブリーフケースを受け取りますが、90分以内でないと使えないと言われてしまいます。やはり条件つきなのね…。

90分以内に兄妹たちを集めなければならない5号は、まず電気店に戻ります。そこには殺されてしまったエリオットの姿が。残された文字は「目には目を」という意味のスウェーデン語で、例のスウェーデン人の仕業だとすぐに分かったようです。

その場にいた1号・ルーサーと2号・ディエゴに元の時代に戻る手段を得たこと、戻れば世界崩壊はなかったことになることを伝え、アリソンとクラウスを連れて路地裏に集合だと言います。しかし2号・ディエゴは戻る前にライラに会いに行くと言い出します。あー、やっぱり…!ここへきてライラへの思いが5号の計画に悪影響を及ぼしそうです。

4号の新たな能力

4号・クラウスに6号・ベンが憑依できそうな予兆があり、クラウスを説得するベン。ベンがどうしても憑依をしたいのは、ひそかに恋心を抱いているジルという信者と話がしたいからという理由のようです。

6号・ベンの熱意に根負けし憑依を承諾した4号・クラウス。憑依はあっさり成功し、ベンは16年振りに果物や土の感触を楽しみます。そしてジルといい感じになっているところへ2号・ディエゴが迎えに来ました。

自分がベンであると伝え、再会を喜ぶ2人。そのまま集合場所に向かうかと思いきや、やることがあるから10分だけ時間がほしいというベンに2号は、自分もやることがあるから30分後に路地裏に集合と言い別行動を選択してしまいました…!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Umbrella Academy(@umbrellaacad)がシェアした投稿

7号とシシー

一方7号・ヴァーニャは、昨夜の父との対面の後シシーの家に戻って朝を迎えていました。そしてシシーの夫であるカールに連れ出され、「シシーとの関係は許さない、自分はこれから飲みに行くが戻る前に出ていけ」と告げられてしまいます。

急いでシシーの元へ戻る7号・ヴァーニャは、迎えに来た5号と鉢合わせします。30分後に現代に戻れるから路地裏に戻ろうという5号に対してヴァーニャは、シシーとハーランも連れて行くと言って聞きません。必死に説得する5号に能力を使って威嚇しますが、5号も譲りません。連れて行くことは諦めましたが別れの挨拶だけはする、それができないなら残ると言いきります。

5号はそれを受け入れ、時間に遅れないように伝えて去っていきました。シシーにも家族がいるのに、歴史を変えるような重要人物じゃないから連れて行くと言い出すなんて、記憶はなくても自分勝手に解釈するところは変わらないものなのですね…。

そして家に戻ったヴァーニャはなんとお別れを言うどころか、カールに関係が知られたので一緒に逃げようと言い出します。うらぎりもの!

2号とライラ

6号・ベンと別れた2号・ディエゴは、どこかに穴を掘っています。そして、呼び出したのか勝手に来たのかは不明ですがライラが現れ、傍らにあったエリオットの遺体に気付きます。「やること」がエリオットを埋めることだったなら、ディエゴを見直します!

ライラはエリオットへ乾杯と言い持っていた酒を口に含み、ディエゴにも勧めます。それを見たディエゴも酒を受け取り口にしますが、薬が入っていたようで意識を失ってしまいます。ライラは酒を飲みこんでおらず、吐き出しディエゴを連れ去ります。せめてエリオットを埋めていってほしかった…!

そしてライラが向かった先は、なんとコミッションの執務室にいる母ハンドラーの元でした。そして2号・ディエゴにハンドラーが母であると紹介し、母にはディエゴのことを彼氏だと伝えたのです。

3号とレイの別れ

3号・アリソンの元へは1号・ルーサーが迎えに行きました。あと30分後には現代に戻らなければならないと言われ困惑するアリソンですが、なんとか説得することができました。アリソンは兄妹の中で1番大人なので、ここは安心して見れますね。

外出先から戻ったレイに事情を話し能力で記憶を消すこともできると伝えますが、記憶は残したままでいいと。一時は疑われもしましたが固い絆があるのですね。そしてお互いに別れる決心ができたと思ったところへ、スウェーデン人が襲撃してきます。

喉を殴られなかなか声が出せないアリソンでしたが、レイが狙われ危機一髪のところで声が出るようになりスウェーデン人に兄弟を殺すよう仕向けることができました。兄弟を殺してしまったスウェーデン人は動揺してその場から逃げていきました。

そして時計を見ると約束の時間の数分前になっていました…。

約束の時間

約束の時間の数分前、5号は路地裏に到着していました。そしてアリソンの家から先に出てきていた1号・ルーサーと、6号・ベンが憑依した状態の4号・クラウスも到着します。

しかし他の兄妹たちは現れず、タイムリミットが来てしまいました。

その頃7号・ヴァーニャはシシーとハーランを連れて車で逃げようとしていましたが、銃を持った3人の警察に待ち伏せされていました。カールが警官である兄のポールに頼んでいたようです。邪魔されたことに怒った7号・ヴァーニャは能力で2人の警官を吹き飛ばしますが、シシーの様子を気にして油断した隙に残りの1人に殴られ意識を失ってしまいました。

せっかく現代に戻れるチャンスだったにも関わらず、無駄にしてしまった兄妹たち。果たして事態は挽回できるのでしょうか。

アンブレラ・アカデミー シーズン2-7話の使用楽曲

アンブレラ・アカデミーは各シーンでの使用楽曲にこだわりが感じられます。楽曲の力でともて印象深いシーンになると感じたので、最後に紹介しておきます!

Tony Joe White – “Polk Salad Annie”
Zoe Muth – “Give Me A Reason To Stay”
Baio – “Sister of Pearl”
Backstreet Boys – “Everybody (Backstreet’s Back)”

音楽配信サービス「Spotify」ではアンブレラ・アカデミーのプレイリストが複数シェアされていますので、気になる方は探してみてくださいね。私もよく聴いています!

 

(photo Netflixオリジナルシリーズ『アンブレラ・アカデミー』独占配信中)

コメント