「アンブレラ・アカデミー 」シーズン2-6話(Netflix)の あらすじ・ネタバレと感想。原作シェラルド・ウェイ

3.5
Netflix

2019年に公開されたNetflixオリジナルドラマ、アンブレラ・アカデミー。「特殊能力」というキーワードとポップなビジュアルに惹かれて、シーズン1から視聴しました。

今回は2020年7月に公開されたシーズン2の第6話「軽食への招待」をご紹介します。

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2-6話「軽食への招待」あらすじ

5号が再度タイムトラベルをして1963年の世界崩壊10日前からやり直しをしています。5日が経過しやっと兄妹の全員と再会することができました。しかし相変わらず意見は一致しません。世界崩壊を防ぐために、兄妹たちは今度こそ協力できるのでしょうか。

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2 製作

2020年配信/アメリカ/1話約50分、全10話
配信:Netflix

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2 の原作・登場人物

原作のジェラルド ウェイって誰?マイ・ケミカル・ロマンスとは?

本作品の原作は、同名のコミックシリーズ『The Umbrella Academy』で、原作者はマイ・ケミカル・ロマンスというバンドのヴォーカル、ジェラルド・ウェイです。

2020年3月に大阪公演を予定していましたが、コロナウィルス感染拡大予防のため中止となっています。

私はマイ・ケミカル・ロマンスの存在は知りませんでしたが、過去に氷室京介とのコラボ、Mステ出演、日本公演も実施していたので、ファンの方も多そうです。原作を知らなくても十分楽しめると思います。

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2のキャスト

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Umbrella Academy(@umbrellaacad)がシェアした投稿

レジナルド・ハーグリーヴス卿:コルム・フィオール
1号(ルーサー):トム・ホッパー
2号(ディエゴ):デイビッド・カスタニェーダ
3号(アリソン):エミー・レイヴァー・ランプマン
4号(クラウス):ロバート・シーハン
5号(–):エイダン・ギャラガー
6号(ベン):ジャスティン・H・ミン
7号(ヴァーニャ):エレン・ペイジ

「アンブレラ・アカデミー」登場人物のおさらい

1号(ルーサー):体が大きく、怪力。父の命令で月で何かの任務をおこなっている。唯一、父を慕っている様子。
2号(ディエゴ):ナイフ投げの達人。ひとりで自警団のような活動をしている。父のことは憎んでいるが、母のことは慕っている様子。
3号(アリソン):発した言葉を現実化することができる。女優として活躍中。
4号(クラウス):死者と対話できる。(シラフの時のみ)6号・ベンは常に傍にいる様子。
能力を抑えるためにドラッグを常用している。暴力的なことは苦手そう。
5号(–):瞬間移動、タイムトラベルができる。13才の時に行方不明となった。
6号(ベン):体からタコの足のようなものを出せる? 故人のため詳細不明。
7号(ヴァーニャ):能力なし、バイオリン奏者。兄姉の暴露本を発表し孤立。
母:母親代わりに造られたアンドロイド。(シーズン1で死亡)
ポゴ:執事。チンパンジー。(シーズン1で死亡)
ライラ:2号・ディエゴが収容されている精神病院の入院患者。

「アンブレラ・アカデミー」前回(シーズン2-5話)のあらすじ

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2-5話のあらすじを復習したい方はこちらへ。

https://eigaou.com/240/

「アンブレラ・アカデミー」シーズン2-6話(Netflix)のネタバレ・考察・感想・レビュー

1961年に到着後のアリソン

時は戻り3号・アリソンが1961年に到着した時のお話。兄妹たちは時は違えど同じダラスの路地裏に到着しましたが、そこは黒人への差別が色濃く残っているアメリカ南部の白人街でした。

黒人である3号・アリソンはここがどこなのか確かめようとダイナーに入ってみるものの、白人専用というプレートを指さされ店員や客に白い目で見られます。さらに、酔っ払った3人の白人男性に追いかけられてしまいます。走り回って助けを求めたお店は、黒人女性が経営する美容院でした。

1963年には声を取り戻している3号アリソンですが、1961年到着時はまだ声を発することができず、不憫に思った優しい店主に雇われて美容院で働くことになったようです。その美容院は当時からレイが率いる公民権運動団体の会合場所として使用されており、資料の修正点を提案したことをきっかけにアリソンとレイは親しくなったようです。

ハンドラーとの取引

話しは1963年に戻ります。ライラによって廃倉庫におびき寄せられた5号はハンドラーと対面し、取引を持ち掛けられます。降格により自分のポジションに不満を持っているハンドラーは、組織の幹部全員を殺してくれれば、兄妹たち全員を2019年に戻しさらに、数日後に迫っている世界崩壊と2019年に起きた世界崩壊をなかったことにするという取引を持ち掛けます。ハンドラーのことを信用できない5号は考えると言って、その場を去ります。

そしてハンドラーはもう1つ別の人物の元へ向かいます。それは例のスウェーデン人の兄弟です。スウェーデン人は2号・ディエゴに兄弟を殺されたと思い憎んでいるので、ディエゴが滞在している電気店の場所を教える代わりに5号には手を出さないという取引を交わしました。

4号の告白

5話で酔っ払いながらも真実を告白すると決意した3号、4号そして7号。今回は4号・クラウスのエピソードです。

4号クラウスは信者を集め世界崩壊を伝えようとしますが、カルト集団にそんなことを伝えると最悪の結末が予想されると反対します。そこで4号・クラウスは「自分は詐欺師だ。聖典などは存在しないからみんな家族の元に帰るべき」と伝えますが、信者の1人が「自分も詐欺師だ。自分を偽っている。けれどそれを認めることで救われる」というようなことを言い出し、それに他の信者も賛同して結果的に信仰心を強めるという思わぬ展開に..。

自室に戻り6号・ベンと口論になるクラウス。我慢できなくなったベンがクラウスに飛び掛かると、一瞬クラウスと一体化したような現象が起きました。新たな能力が開花する予感です。

そして信者への告白が失敗した4号・クラウスの元にデイブがやってきます。先日殴ったことを謝りに来たようです。そこで、未来のデイブに起こることを伝え入隊をやめさせようとしますが、既に志願したと知ります。クラウスがデイブに接触したことで歴史が変わり予定よりも早く入隊志願してしまったようです。

当然デイブはクラウスの話を簡単には信じず、逆に悪質な勧誘と勘違いされて怒らせてしまいます。ひどく落ち込むクラウス..。そんなクラウスの元にも父から軽食への招待状が届きました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Umbrella Academy Latinoamérica(@umbrellaacademylat)がシェアした投稿

3号の告白

一方3号・アリソンは、自分は黒人大統領も誕生した未来から来た人間でさらに超能力者であるとレイに告白します。信じきれないレイはアリソンに能力を証明してほしいと言います。代償があると渋るアリソンでしたが根負けし、黒人の試着NGという仕立て屋に行くことに。そして能力を使い、試着し放題でスーツを購入しました。

その能力で公民権運動を成功させることができる、と興奮するレイに気分を良くしてしまったアリソンは、先日デモを主なった因縁のダイナーに入り店員にコーヒーを淹れさせます。そしてカップからコーヒーが溢れているにも関わらずもっと注げと言い続け店員にやけどを負わせてしまいました..。

レイはアリソンの能力を目の当たりにし、自分にも能力が使われたのではないかという疑いを持ってしまいます。家に帰ると、アリソンにも父から軽食への招待状が届いていました。

父との対面

ハーグリーヴスからの招待時間になりました。お店に向かったのは5号だけかと思いましたが、兄妹全員が揃いました。レストランにやって来たハーグリーヴスは、自分のことを追いまわし父さんと呼ぶ兄妹たちに何者なのかと尋ねます。自分たちは未来から来たハーグリーヴスの養子でそれぞれに能力があると話しますが、証明しろと言われてしまいます。

そこで何人かが能力を見せるのですが、7号・ヴァーニャがみんなが制止するのを無視して能力を使います。少しのつもりだったのでしょうが、テーブルにあったフルーツの盛り合わせを爆発させ全員がフルーツを浴びる結果に。「Oops!」とおどけるヴァーニャが少しかわいかったです(笑)

6日後に世界崩壊することも伝えますが、父を前に委縮し子供っぽい態度を取ることしかできない兄妹に呆れかえり信じてもらえません。そして唯一冷静に話ができる5号だけを連れて立ち去ってしまいました。

2人きりになり改めて世界崩壊することを伝え、それを防ぐために力を貸してほしいと頼みますが、起こるべきことは起こると取り合ってもらえません。そして能力以上のことを求めるな、数十年ではなく秒単位でも変化は起こせると5号に助言を与えました。

対面後のできごと

店の外に出ると、そこにはシシーが7号・ヴァーニャのことを待っていました。シシーの家にも7号宛ての招待状が届いていたようです。場所を変え車の中で話す2人。シシーは、ヴァーニャとの関係はこの地域では認められない、思い通りに生きられない人もいることを理解してほしいと伝えます。

そんなシシーにヴァーニャはハーランと一緒に逃げようと提案します。ヴァーニャへの思いを断ち切れないシシーはその提案を受け入れます。夫カールの兄は警官であるため慎重に行動しようと約束するヴァーニャとシシーでしたが、車の外では2人の友人以上の様子をカールが見ていました..。

シーンは電気店のエリオットが外出先から帰宅するシーンに変わります。そこにはスウェーデン人の兄弟が忍び込んでいてディエゴの居場所を教えろと言いますが、エリオットは知らないと言い拷問されてしまいます。1号・ルーサーと2号・ディエゴが帰宅した頃にはエリオットは無残に殺された後で、床には血で「ÖGA FÖRÖGA」という文字が残されていました。

一方5号は父との話を終え、ハンドラーの元へ向かいました。ハンドラーの取引に乗ることを伝え、幹部が会合を開く場所のメモを渡されました。ハンドラーとの取引どおり5号はコミッションの幹部を殺すことにしたようですが、果たして元の時代に戻すという約束は守れるのでしょうか..。

アンブレラ・アカデミー シーズン2-6話の使用楽曲

アンブレラ・アカデミーは各シーンでの使用楽曲にこだわりが感じられます。楽曲の力でともて印象深いシーンになると感じたので、最後に紹介しておきます!

Aretha Franklin – “Won’t Be Long”
Jack Huddle – “An Old-Fashioned Christmas”
Sam & Dave – “Hold On, I’m Comin’”
Bob Cox – “I Live Alone”
Public Image Ltd. – “The Order of Death”
The Dead South – “In Hell I’ll Be In Good Company”

音楽配信サービス「Spotify」ではアンブレラ・アカデミーのプレイリストが複数シェアされていますので、気になる方は探してみてくださいね。私もよく聴いています!

 

(photo Netflixオリジナルシリーズ『アンブレラ・アカデミー』独占配信中)

コメント