実写映画「銀魂」のあらすじ・ネタバレありの感想。橋本環奈の演技って面白い

TSUTAYADISCUS

映画「銀魂」アマゾンプライムで無料)

実写映画「銀魂」を見ました。

前職の上司が面白いと言ってたので「本当に? 実写アニメって面白くないイメージしかない…」と思いつつ見ると、たしかに面白かったです。

原作も再現しつつ、実写ならではの魅力を表現している、いい映画だった。

アニメの実写化をそもそもあまり見ないから比較のしようはないけど、普通の日本映画くらいは面白いと思います。(小栗旬かっこよかった)

映画「銀魂」のあらすじ・ネタバレ

舞台は江戸、幕末。倒幕を目指す志士たちと、幕府を守るべく闘う新撰組、その傍らで友好的に維新を目指した坂本龍馬。彼らを彷彿とさせる愉快なキャラクターたちが織りなすジャンプ原作の「銀魂」を人気映画監督の福田雄一監督が実写化!

ジャンプ原作をうまく映画にアレンジしつつ、映画ならではの表現、演出も加えた作品になっています。

主人公の坂田銀時(銀さん)を演じるのは小栗旬。銀さんを慕う貧乏剣術道場の息子、新八を演じるのは菅田将暉、少し抜けつつも戦闘に秀でた夜兎族の少女である神楽は橋本環奈が演じています。

銀さんが演じる万屋では毎日様々な事件が起こり……。

ギャグテイストで進む中にも、人としての芯を持った銀さんの魅力が、原作通りに描かれています。

映画「銀魂」の製作

2017年製作/130分/G/日本
配給:ワーナー・ブラザース映画

映画「銀魂」の製作スタッフ・キャスト

製作スタッフ

監督:福田雄一
原作:空知英秋
脚本:福田雄一

キャスト

坂田銀時:小栗旬
志村新八:菅田将暉
神楽:橋本環奈
土方十四郎:柳楽優弥
岡田似蔵:新井浩文
沖田総悟:吉沢亮
村田鉄子:早見あかり
平賀源外:ムロツヨシ
志村妙:長澤まさみ
桂小太郎:岡田将生

映画「銀魂」の考察

「インスタント」だが、原作の魅力を十分に活かした作品

中身はインスタントな印象で、洋画や日本のアニメで描かれるような深い表現はないと思いました。ただそれは中高生などに受ける、ライトな笑いを追求した作品らしいかなとは思います。

私は20代中頃ですが、スマホでスナック的に、さくっと見れる、楽しめる作品だなと感じます。(映画館だとちょっと物足りないかもしれません)

とはいえ、この後「銀魂2」も見ることになり、漫画「銀魂」も読むことになったのでそれも加味して評価はけっこう高めにしました。当時は原作を知らない中で見ましたが、原作を読んでから感じたのは「原作の物語を活かしながら、映画としても楽しめる作品になっている。すごい」ということ。

漫画原作って成立しないだろ! と思っていた感覚は覆されました。

アニメの実写化は評価軸が割れる

ちょっと考察とは逸れますが、「アニメの実写化」って、議論になりがちですし、漫画原作のファンからの反発もあって評価がはっきりしないことが多いと思います。

多分それって

・原作の再現度
・原作ファンから見た面白さ(内容・演出・キャスト)
・初見の人から見た面白さ(内容・演出・キャスト)
・映画単体での面白さ(内容・演出・キャスト)
・漫画アニメを実写にした際の表現の良さ(内容・演出・キャスト)

とか、評価する視点がいろいろあるからだと思うんです。普通の作品だったら「内容」「演出」「キャスト」みたいな軸で評価すればいいだけなのに…。

再現だけでもだめだし、再現してなくてもダメ。でもリアルだとダメだから、ファンタジーじゃないとだめ。銀魂はいいバランスだなあって感じます。(福田監督のアニメ実写は全体的にバランスいいですよね)

原作読んでも公開なし。

この映画の素晴らしいところは、やはりその後の原作促進に貢献しているところだと思います。(予想)

小栗旬、菅田将暉、橋本環奈を中心に魅力的なキャストなので、銀魂を知らなくても見てみようかなと思える。見てみると、原作も気になるので、アニメや漫画を試し見・試し読みすることになる。

実写化成功に貢献させられてるなあ…と思いました。

(最近は漫画もアニメ化だけではなく、実写化も出版社の戦略に組み込まれてますね)

監督は福田 雄一さん、めちゃめちゃアニメ実写やってます。ムロツヨシさんと仲がいいのが有名ですね。

・勇者ヨシヒコシリーズ(テレビ東京)
・聖☆おにいさん(2019年、NHK総合)
・ニーチェ先生(2016年1月 – 3月、Hulu・読売テレビ)
・斉木楠雄のΨ難(2017年)
・ヲタクに恋は難しい(2020年)

他にも上記のような作品があります。僕は「勇者ヨシヒコ」「斉木楠雄のΨ難」を見ましたが、両方面白い! 全部スマホで見てますね笑

ということで、まずは騙されたと思って見てみては?

映画「銀魂」アマゾンプライム

映画「銀魂2」アマゾンプライム

(2019年に執筆時点の情報です)

photo by (C)空知英秋/集英社 (C)2017「銀魂」製作委員会

コメント